イベント案内

偕楽園 造園の名工による梅の剪定見学会

イベント名 偕楽園「造園の名工による梅の剪定見学会」
開催日時

令和3年11月13日(土) 午前10時00分~午後14時00分

 ※荒天の場合は翌日(14日)に順延します

場所 偕楽園本園 見晴広場(東門付近)
アクセス お車の方は周辺駐車場(無料)をご利用ください。 ※桜山駐車場より徒歩15分
概要 造園の名工達が造園技能士に剪定実技指導をし、その様子を見学できます(茨城県後援)
内容

剪定見学会、植木相談会、藁ボッチ作り体験、剪定道具・鉢花等の販売

 ※紅梅の苗木を抽選でプレゼント(30本限定)、花の種の配布

令和3年度 安全大会

これまでのイベント紹介

令和3年度 安全大会    

令和3年10月13日(水)

 10月13日(水)、協会員60名が参加し、水戸京成ホテルにて安全大会を開催いたしました。

   令和3年度 安全大会功労表彰者

          (株)タナカ築庭     渡部 健太郎 様

          (株)水庭農園      中山 秀一 様

          (株)小澤造園      鶴田 進 様

          (有)荒井緑化造園土木  大峯 栄一郎 様

          常磐造園(株)      人見 研一郎 様

          (株)小澤造園      伊藤 真吉 様 

    令和3年度 安全大会標語表彰者 

          (有)エバタ造園     小圷 律子 様    作品  要点検 道具と保護帽と自分自身

          (株)タナカ築庭     大橋 順子 様    作品  危険の芽 早期摘心 ゼロ災害

          常磐造園(株)      庄司 昌喜 様    作品  繰返す 点検確認で ゼロ災害

令和3年度 樹木剪定・緑地管理の講習会    

令和3年4月20日(火)

造園建設業協会の技術・技能部会が中心となり、会員の技術・技能の研鑽を目的とした剪定実技の講習会を行っています。

例年は2月~3月に開催していましたが、今年は、新型コロナウイルスに対する茨城県独自の緊急事態宣言が発令されていたことから4月の開催となりました。

開催場所は茨城県管財課のご協力を頂き、県庁内北側の敷地をお借りして実施いたしました。

この場所は、常緑・落葉広葉樹や中木、寄せ植え等いろいろな樹木があることから、会員各社の個々の技能に見合った講習が行える場所です。

講師指導のもと、若手技術者が剪定技術を学びました。


令和2年度のイベント紹介

令和2年度 県北支部活動 偕楽園周辺清掃ボランティア    

令和2年2月26日(金)

  県北支部では、2月26日 支部会員48名が参加し、偕楽園周辺清掃ボランティアを実施しました。

令和2年度 造園を学ぶ高校生の実践的な講習会     

令和2年12月10日(木)

12月10日(木)、茨城県水戸土木事務所と協力し、県立水戸農業高等学校の園芸科1・2年生24名を対象に偕楽園でウメの剪定実習を行いました。

令和2年度 偕楽園 名工による梅の剪定見学会     

令和2年12月5日(土)

12月5日(土)、偕楽園・東門付近の見晴広場で、参加費無料による「造園の名工によるウメのせん定見学会」を茨城県の後援で実施しました。

令和2年度 県南支部活動 道路里親制度で沿道を花修景

令和2年11月21日(土)

県南支部は4 月15 日(水)、9 月12 日(土)、11 月21 日(土)、つくば市の国道408 号線、学園西大通り線で、緑地帯の一部を整備し、花苗の植付けや播種などをを行いました。
茨城県では「道路里親制度」を実施しており、道路の清掃美化を地域住民団体と協働して行う、道路ボランティアサポート事業を進めています。

いばらき都市緑化フェスティバル2020     

令和2年10月18日(日)

「2020 いばらき都市緑化フェスティバルin 偕楽園」が10 月18 日(日)10:00-16:00 に偕楽園拡張部で開催され、茨造協(県北支部)も実施に協力しました。

令和2年度 安全大会     

令和2年10月6日

10月6日、午後1時30分から4時30分まで、水戸市のザ・ヒロサワシティ会館(茨城県立県民文化センター)小ホールで、令和2年度安全大会を開催しました。

令和2年度 鹿行支部活動 鹿島神宮線の道路里親

令和2年9月30日(水)

鹿行支部は9 月30 日(水)、鹿鹿島神宮線の道路里親として、鹿島神宮線をはじめ、茨城鹿島線、鉾田鹿島線の清掃活動を実施しました。

令和2年度 県西支部活動 美化活動で道路植栽の手入れ

令和2年9月16日(水)

県西支部は9 月16 日(水)、ボランティアによる美化運動を行い、良好な道路景観にすることが出来ました。